2部屋以上ある賃貸不動産の間取り考察

2部屋以上ある賃貸不動産の間取り考察

専有面積が40から55平方メートルの2DKタイプの賃貸不動産は、一昔前に流行ったタイプで、これから新築で賃貸不動産を企画するのであれば、選択肢から外れる間取りです。
6畳くらいのダイニングキッチンが用意されていても、実際にはそこでは食事はしにくいもので、、単なる配膳テーブルと化してしまいます。

期待できるGirls Channelに関する口コミ情報を募集しています。

2DKが本来、意識している子供がいる世帯を取り込むのであれば、2LDK、せめて1LDKのタイプにすることが必要です。

無難になんとなく50年もの間、つくられ続けてきた間取りですが、今の時代では対応できない間取りになっています。

そして、50から65平方メートルの2LDKタイプの賃貸不動産、この間取りは安心できるものです。


ただし、独立キッチンタイプをつくるのと壁つきオープンキッチンタイプのどちらがよいのかという判断が必要です。

浜松町の賃貸の情報サイトが便利です。

人気があるのは、前者でいわゆる対面式のカウンターキッチンといわれるものです。


しかし、実際にはこのタイプでは1畳分のデッドスペースがうまれ、リビングも後者に比べて狭くなります。
仮に、前者で広々としたリビングを手に入れようと考えるなら、最低でも14畳分のスペースが必要になることがあり、実際に見てみると後者のタイプを選ぶ割合も少なくはないのです。



どちらにも魅力はあるので、慎重に検討は必要になってきます。そして、70平方メートル以上の3DKあるいは3LDK以上の物件に関しては、賃貸住宅でこの間取りを求める層がどれくらいいるのかということを考える必要があり、3DKに関しては需要がほとんどありません。

仮に企画するなら3LDKとなりますが、その際には明確な市場分析とビジョンが必要になります。


Copyright (C) 2015 2部屋以上ある賃貸不動産の間取り考察 All Rights Reserved.